中野佳鶴子 洋画展

2022年5月17日(火)~5月22日(日)

10:00~18:00(最終日は17時まで)

ノーザンギャラリー

今の時代に、よもや戦争が起きるとは思っていませんでした。コロナは終焉を見せず、人々は個々の胸の奥に、悲しみや苦しみを押し込めているのではないかと案じております。そんな中、一人キャンバスに向かっておりますと、不思議と祈りに似た気持ちになります。ただ一枚の絵が、静かに語り掛け、わが身と向き合う瞬間があります。心に生きる勇気を照らし、励まし、癒すものがアートだと思うのです。言葉がなくとも、人々の心に『人間とは何なのか』を静かに問いかけるアート。どうか、アートを通して、皆様のお心にも穏やかな時間が流れ、平穏が訪れることを祈っております。アートの力を信じて。

・作品の紹介

故郷北海道に戻りましてから魅せられた、神秘の青い池、神仙沼。武蔵野の原風景を描きました秋ヶ 

瀬。これまでに描きました花や植物などの油彩画を展示いたします。このような時期ではございますが、一人でも多くの方にご覧いただければと思います。ぜひお立ち寄りくださいませ//中野佳鶴子