印章ケースの上下判別法

印章ケースを開ける際、蓋の上下が分からないと逆に開けてしまいハンコを落としてしまうことがあります。大切なハンコの落下事故を防ぐために、ケースの上下判別方法ぜひ覚えてください。

ケースを開ける際に手をかける口金をよく見ると左右どちらかに1本線が入っています。その印がある方を右になるよう水平に持ち、印のない方を上に開けると正しく開きます。 ケースによってはその印がないものもあります。購入の際に参考にもどうぞ。

実際に開いてみると上側には線がなく、下側のみ線が入っています。


最新記事

すべて表示

手紙の書き方

手紙には書き出しの挨拶の頭語と最後の挨拶に添える結語があり、それぞれ丁寧度や送る相手、用件によって頭語と結語の種類や組み合わせが変わってきます。 例えば頭語が拝啓(はいけい)、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)だった場合の結語は敬具(けいぐ)、敬白(けいはく)、拝具(はいぐ)のいずれかになります。 その他にも様々な種類があるので、マナーを守って気軽に手紙を書いてみましょう。