名刺入れの主なマチの種類

ビジネスマンの必須アイテム「名刺入れ」。 様々なマチがあるのをご存じですか?

<通しマチ> 底の部分にもマチが付いている「通しマチ」は、たっぷり名刺を入れられる収納力と型崩れにも強いのが特徴です。

<ササマチ> 横から見ると「笹」のように見えることから「ササマチ」と呼ばれています。 少なめの名刺をスマートに持ち歩きたい方へ。

<風琴マチ> ジャバラ式の風琴マチは名刺の出し入れをスムーズに行えます。

最新記事

すべて表示

手紙の書き方

手紙には書き出しの挨拶の頭語と最後の挨拶に添える結語があり、それぞれ丁寧度や送る相手、用件によって頭語と結語の種類や組み合わせが変わってきます。 例えば頭語が拝啓(はいけい)、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)だった場合の結語は敬具(けいぐ)、敬白(けいはく)、拝具(はいぐ)のいずれかになります。 その他にも様々な種類があるので、マナーを守って気軽に手紙を書いてみましょう。