光と影が美しい「展示とワークショップ 光の抜け道」を開催!7F

本日より、7階スカイホールにて札幌在住の作家8名が織りなす、光と影のクリスマス「展示とワークショップ 光の抜け道」を開催しております。 フィンランドの伝統装飾であるヒンメリと不思議の世界に迷い込んでしまいそうな絵画。 2つの展覧会の間につながる通路に光が注ぐ小さな森の通路にも作品が展示されています。

「ヒンメリ」とは、フィンランドに古くから伝わる装飾品で麦わらと糸で出来た幾何学的モビール。 そのままの見た目はもちろん、映し出される影の揺らめきも大変美しいです。 ヒンメリの材料となるライ麦は、北海道ではなかなか手に入らない為、山本さん自ら無農薬で栽培されているそうです。

モリケンイチさんの個展「イヴの林檎」では旧約聖書の「イヴの知恵の実」をテーマに、暗い森をさまようような、夢幻世界にいざなう絵画作品が広がります。

二つの展覧会をつなぐ通路では、森の中にいるような幻想的な空間が広がります。

期間中毎日、ReguReguさんの特選ショートフィルムを上映。 作品に登場するフレディ君もお待ちしております!

参加作家さんの作品の展示販売もございます。



期間中はワークショップを開催しています。 本日は「蜜蝋スティックとリンゴのキャンドル」を開催致しました。 他にも12月21日(木)に「ペーパーリースカードアレンジ」や、12月23日(土)に親子で参加可能なヒンメリ「aino®」、「蜜蝋スティックとリンゴのキャンドル」などを開催します。

■「光の抜け道」ワークショップの詳細はコチラ

また、12月23日(土)14:00、15:00、16:00に 無料のカンテレコンサートを開催します。 フィンランドの民族楽器「カンテレ」の演奏をお楽しみ頂けるクリスマスにぴったりなコンサートです。

光と影の揺らめきを感じる展覧会をぜひお楽しみ下さいませ。 皆様のご来店を心よりお待ちしています。(横)