ミューズ 水彩紙「ワトソン」の名前の由来

水彩紙の「ワトソン」や「ランプライト」などを扱う美術画材用紙メーカーの「ミューズ」。


その中でも「ワトソン」は国産初の水彩紙になります。「ワトソン」の名前の由来は、現在は製造を終了した英国の輸入紙「ワットマン」で、ワトソンが誕生するまでは国内で多く利用されていました。


多くのユーザーに愛された「ワットマン」(WATMAN)の息子(=SON)という意味を込めて、水彩紙に「ワトソン」(WATSON)と名付けられたのです。

最新記事

すべて表示

手紙の書き方

手紙には書き出しの挨拶の頭語と最後の挨拶に添える結語があり、それぞれ丁寧度や送る相手、用件によって頭語と結語の種類や組み合わせが変わってきます。 例えば頭語が拝啓(はいけい)、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)だった場合の結語は敬具(けいぐ)、敬白(けいはく)、拝具(はいぐ)のいずれかになります。 その他にも様々な種類があるので、マナーを守って気軽に手紙を書いてみましょう。