ラッピングのマナーについて

包装紙でのラッピング方法で一般的なものは、合わせ包み(キャラメル包み)と斜め包みの二つです。どちらも紙の合わせ方や折り返しの上下の向きでお祝い包みと不祝儀包みに区別することができます。


合わせ包みの場合は包装紙の後ろ側を左→右の順に合わせるとお祝い包み、反対に右→左と合わせると不祝儀包みになります。

<合わせ包み お祝い包み>


斜め包みは正面の折り返しのある部分が上側にあるものがお祝い包み、下側にあるものが不祝儀包みです。

<斜め包み お祝い包み>

最新記事

すべて表示

手紙の書き方

手紙には書き出しの挨拶の頭語と最後の挨拶に添える結語があり、それぞれ丁寧度や送る相手、用件によって頭語と結語の種類や組み合わせが変わってきます。 例えば頭語が拝啓(はいけい)、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)だった場合の結語は敬具(けいぐ)、敬白(けいはく)、拝具(はいぐ)のいずれかになります。 その他にも様々な種類があるので、マナーを守って気軽に手紙を書いてみましょう。