退職願・退職届の便箋と封筒の選び方

退職届・退職願を書くにあたって最も適しているのは白紙便箋です。退職=白紙という考えもあるため、白紙を選ぶのが無難です。罫線入りでも問題はありませんが、その際は白色でシンプルなものを選びましょう。便箋のサイズはB5をおすすめします。入れる封筒は白色で無地なもの、二重封筒と呼ばれる中身が透けない構造になっているものがふさわしいとされています。そして便箋を三つ折りにして封入します。

手渡しするときは、郵便枠がないものを選びましょう。封はしてもしなくてもどちらでも構いません。白封筒は汚れが目立ちますので、折れたりしないよう提出までA4サイズのクリアファイルに入れておくことをおすすめします。

最新記事

すべて表示

手紙の書き方

手紙には書き出しの挨拶の頭語と最後の挨拶に添える結語があり、それぞれ丁寧度や送る相手、用件によって頭語と結語の種類や組み合わせが変わってきます。 例えば頭語が拝啓(はいけい)、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)だった場合の結語は敬具(けいぐ)、敬白(けいはく)、拝具(はいぐ)のいずれかになります。 その他にも様々な種類があるので、マナーを守って気軽に手紙を書いてみましょう。