革の「染め」について

革は、着色方法によって仕上がりに違いが生まれます!

●「染料染め」 ・自然な仕上がり。革本来の味わいが楽しめる。 ・色落ちがしやすいデメリット。 ・革独特の経年変化が楽しめる。

●「顔料染め」 ・キズや汚れに強い。 ・水に溶けない顔料で革の表面にコーティングするので、革本来の味わいがなくなるが、年数が経っても鮮やかな色のまま。

最新記事

すべて表示

手紙の書き方

手紙には書き出しの挨拶の頭語と最後の挨拶に添える結語があり、それぞれ丁寧度や送る相手、用件によって頭語と結語の種類や組み合わせが変わってきます。 例えば頭語が拝啓(はいけい)、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)だった場合の結語は敬具(けいぐ)、敬白(けいはく)、拝具(はいぐ)のいずれかになります。 その他にも様々な種類があるので、マナーを守って気軽に手紙を書いてみましょう。