朱肉とスタンプの違いについて

一般的に印章は朱肉、ゴム印はスタンプ台を使用します。 ゴム印は油に弱いので朱肉を使うと徐々に印面が溶けていきます。

スタンプ台は使用するゴム印や、捺印する素材、乾燥する時間など 用途に応じて様々なインクの種類がございます。 インクに合わせてゴム印を使い分けないと、ゴムの印面の劣化が進みます。

朱肉も、一般的なスポンジ朱肉と本格的な練朱肉(印泥)があります。 朱肉とスタンプ台は全く違うものなのでしっかり使い分けることが大切です。




最新記事

すべて表示

手紙の書き方

手紙には書き出しの挨拶の頭語と最後の挨拶に添える結語があり、それぞれ丁寧度や送る相手、用件によって頭語と結語の種類や組み合わせが変わってきます。 例えば頭語が拝啓(はいけい)、拝呈(はいてい)、啓上(けいじょう)だった場合の結語は敬具(けいぐ)、敬白(けいはく)、拝具(はいぐ)のいずれかになります。 その他にも様々な種類があるので、マナーを守って気軽に手紙を書いてみましょう。